by tubbombbomb
06/09/06 渋谷

b0058287_1636195.jpg
5ヶ月ぶりに丸1日休みを取った。
疲れ果て、体調を崩しかけていたから。

朝8時に帰宅し、ベットに直行したものの
何度も仕事の夢でうなされ目を覚ました。

車で10分程の所にある物流倉庫のベルトコンベアーは
我が家にまで延長され
我がベットの横を通り
ベランダの外の海に向かって
物凄い量の荷物が流されていた。

寝ていても疲れるだけなので、起きて渋谷に向かった。

b0058287_1631296.jpg
渋谷に行くのはアクセサリー用に作ったワックスの型を鋳造してもらう為だった。

最近夜勤の日は決まって不眠症で
眠れぬ時間に鬱向きになるのがイヤで
なんとなくまた作り始めていた。

渋谷には、結局車で行った。

道中窓の外に見える世界は
何もかも間違いだらけのような気がして
付く頃には完全に気が滅入っていた。

用事を手早く済ませ、最も間違いだらけの界隈をふらつき
道ばたの植え込みに腰掛け
缶コーヒーを片手に“世界”を観察した。

こんなに“女性”だらけの場所で車の外にいるなんて。。。
サファリパークの中で、車から降りてみたような感覚だった。
[PR]
# by tubbombbomb | 2006-09-07 16:31
06/08/28 考える場所

b0058287_15513537.jpg
昨日は半月ぶりの半日休みだった。
午後1時頃帰宅し、洗濯などをしているうちに寝てしまい
気付くと7時で辺りは薄暗くなっていた。
とりあえず洗濯物だけ干したところでまた記憶は途切れ
次に気付いたのは朝6時だった。

最近の楽しみは、週に1・2度“夜”眠れる日がある事。
だからそれなりに満足している。

b0058287_1604131.jpg
ある女性の夢を見た。
以前勤めていた工場に居た人だった。

僕にとって彼女は、あまりにも理想的すぎる人だった。
それに加え、自分があまりにも情けない状態だった事もあり
接する機会が増えるにつれ
僕は逃げるしかなくなってしまった。

“寅さん”以下だった。。まったく。
本当に情けない。


最近、色々な場所で同じ質問をされる。
“相良さん、次に付き合う人はどんな人がいいですか?”

すると僕はこう答えてしまう。
“正直に言うと、一人がいいんだよね。。。”

でも、さらに正直に言ってしまえば
“そんな訳はない。”
当たり前だけど。

あの小さなガラスの天使達は、ほんのちょぴっとだけでも
あの人の心の隙間を埋めてあげることが出来たのだろうか。

好きな女性の前で、堂々と夢を語れた頃が懐かしい。


 
[PR]
# by tubbombbomb | 2006-08-28 16:25
06/08/24 ドブ板

b0058287_17353823.jpg
“イン・アウト”

映画“時計仕掛けのオレンジ”の中で
スタンリー・キューブリックがある事を表現する為に
用いた言葉である。

まったく同時代の漫画作品“火の鳥”の中で
手塚治虫氏がこの事を表現したなら
どの様な言葉を用いたのだろうか。


b0058287_17405567.jpg
迷う事なく、不安を感じる事なく
信じ続ける事の出来るものを見付ける事が出来たら
それが幸せなのだと信じていた。

でも理想は理想でしかない。

僕の中から、欲求や希望、自分や将来に対する期待などの存在感が希薄になっていく。
僕の中がどんどん空っぽになっていく。

それはむしろとても心地よく
一つの目指すべき方向なのかも知れないと感じている。
[PR]
# by tubbombbomb | 2006-08-24 17:59


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧